【ニキビケアCW】No43_ニキビ痕の改善方法


ビ痕 改善
ニキビ痕の改善方法

ニキビ痕の改善方法には幾つかの方法があります。ニキビは基本的に痕になってしまうと非常にやっかいですが、程度にもよりますが改善出来ないことはありません。自分で出来る方法なども記載します。

・ ニキビ痕にはどんなものがある!?

ニキビ痕には、顔のニキビ痕だけでなく背中のニキビ痕などもありますし、クレーターや凸凹など、自分で改善するのが難しいものもあります。大人ニキビだけが原因ではなく思春期ニキビなどでニキビ痕となる場合もあるので昔のニキビが原因で、手遅れというニキビ痕に悩んでいる方もいるかもしれません。生活習慣の見直しも欠かせない要素で、食生活の偏りとストレスの軽減、睡眠時間や適度な運動など日々の生活規則の中から肌に影響する部分の改善が、ニキビ痕の予防に繋がります。

・ ニキビ痕にならないようにするには!?

ニキビ痕にならないように予防するには、毎日のクレンジングとオイリー肌の改善など肌を清潔に保つことが重要になります。化粧水や保湿クリームなどでの保湿も怠らないようにすると良いでしょう。自分で出来るニキビ痕を改善する方法には限界がありますが、ピーリング(角質除去)を自分で行う方法があります。クエン酸を使用することで、皮脂の奥から改善しようというもので化粧水などにクエン酸を入れてもらうよう薬局などでお願いしましょう。洗顔後にそれを染み込ませた綿などで顔になじませます。数分待ってから洗い流せば毛穴の黒ずみや角質を落とす効果もあります。自分で出来るニキビ痕の改善では角質除去や皮脂の汚れを毛穴の奥から取り除くことが限界と言えます。

・ 早く治すには!?

ニキビ痕の改善方法としては、最も早く確実に治す方法として皮膚科などの病院へ行かれることをおすすめします。美容クリニックやエステなどでも良いですが、皮膚科では保険の適用される治療もありますし、抗生物質などを使用した処方での改善方法もあります。ニキビ痕を改善するには、レーザー治療などを照射しアクネ菌の撲滅などがあります。レーザー治療などは、30分前後の時間のかからないもので痛みもありません。

まとめ

ニキビ痕の改善方法としては、改善というのが難しく、治療という形になってしまいます。皮膚科や美容クリニックなどでレーザー治療や抗生物質などで過去に出来てしまったニキビ痕を治療するという形になります。他にも、保険が適用される治療や短時間で痛みのない治療方法も幾つかあるので主治医の先生とカウンセリングをし


関連記事

ピックアップ記事

2011122603

マスクでニキビが悪化する 正しいマスクのつけ方

今の時期は花粉症の症状が出るのでマスクをする人が多いです。 また、ノーメイクだからマスクで隠しちゃえと日頃からマスクをする女性が増えていま…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る