ニキビのクレーターを改善する方法


ニキビのクレーターを改善する方法をご紹介します。
ニキビのクレーターを改善するのは簡単ではありません。

 

ニキビは出来始めや出来てしばらくしている間は、外部のスキンケアなどで(化粧水やクレンジング、薬用ローションや塗り薬など)治せるケースが多いのですが

クレーターになってしまうと改善方法として皮膚科などの医院に頼らないといけ、ませんが、一部自分で改善できる方法もあります。

 
本当は、出来ればクレーターになる前に、食事改善や生活習慣の修正とスキンケアなどで解消しておきたいものですがニキビのクレーターを改善する方法をみていこうと思います。

 

自分で出来るニキビ跡 クレーターの改善

 

ニキビのクレーターには、丸型と尖った型、四角型など3種類の凸凹状態があります。

 

ニキビのクレーターでは、コラーゲン組織(真皮)が破壊されてしまうことが大きな原因なので基本は病院に行かれることをおすすめしますが、自分で出来る範囲のこととして、ピーリング治療があります。

 

6ヶ月から1年くらい続けても納得のいく効果を出すのは難しい部分はありますがピーリングなら自分で出来るニキビのクレーターを改善する方法となります。

 

 

まず、クレンジングを行った後、綿のようなものに化粧水を含ませて下さい。

 

この際にクエン酸が含まれているかいないかが大きな要素ですので、そういった化粧水が見つからない場合は自分で作るようにして下さい。

 

精製水とグリセリン、クエン酸などを入れて下さいと薬局などで頼み購入するのも手だと思います。

 

 

この綿に染み込んだ化粧水を顔にポンポンと染みこませるようにマッサージして下さい。これでピリピリしてくればOKです。

 

 

皮膚科などでは治療としてレーザーなどで治療したり、光治療や飲み薬を処方されたりで皮膚の治療を行いますがニキビのクレーターの改善もそういった方法が必要になると思います。

 

方法によってはメリットやデメリットがありますが、病院で処方される塗り薬などはニキビの治療でも抗生物質などが含まれていたりして市販の塗り薬など薬用クリームよりも治りが早くなったりします。


関連記事

ピックアップ記事

tumblr_inline_n6brusDOFh1sh2yn3

にきび(ニキビ)の正しいクレンジング方法 あなたは洗い方を間違っていませんか?にきびが悪化する前に必読

にきびのクレンジング方法で正しいやりかた ニキビでは使う化粧品なども重要ですが、にきびのクレンジング方法なども大事になってきます。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る