【ニキビケアCW】No39_思春期のニキビは何故たくさん出来る?


思春期のニキビはなぜ、たくさんできる?

思春期のニキビは何故、たくさん出来るのでしょうか!?跡として残ってしまうとクレーターや凸凹としても治療しなければいけないほど深刻になってしまう思春期のニキビ、たくさん出来る時に対処したいものです。予防方法や治療方法などをみていこうと思います。

・ 思春期のニキビと大人ニキビ

思春期のニキビと大人ニキビはどう違うのでしょうか?思春期ニキビは成長期の十代に成長ホルモンが分泌されることで皮脂の分泌も盛んになり、毛穴などを詰まらせたり、アクネ菌が繁殖することでニキビになります。大人ニキビは対象的にストレスや水分不足などから肌のターンオーバー(肌の再生)が乱れたり、ホルモンバランスが崩れることでニキビになります。

・ 思春期のニキビは何故、たくさん出来る!?

思春期のニキビはなぜ、たくさんできるかという点については、前述した成長ホルモンが原因と言えます。肌がオイリーな状態のまま過ごしていると脂ぎった顔の毛穴が詰まりやすくなりニキビになります。脂をこまめに拭き取ったり、クレンジングをしっかりすることでニキビ対策になると言えます。成長期は生活の中でこれらを怠ることでニキビがたくさんできやすくなります。

・ 思春期ニキビ予防

思春期ニキビの治療には方法も様々ありますが、ニキビ跡などのクレーターなどになってしまっている場合は皮膚科や美容クリニックに診察に行かれることをおすすめします。思春期ニキビの予防ではドラッグストアなどで薬用クリームやローションを購入して自分で予防しても良いですが、後々、大人になってクレーターや凸凹になりたくない人は皮膚科などでの飲み薬治療や塗り薬などの外用薬を使用する方法も検討してみて下さい。

まとめ

思春期のニキビは成長ホルモンの分泌により皮脂が盛んに分泌されることで毛穴を詰まらせ、ニキビをたくさん作ります。予防方法としてクレンジングや市販の薬用クリームでも良いですが、大人になってクレーターなどのニキビ跡を残したくない人は皮膚科などを一度訪れるのも対策方法の1つだと思います。


関連記事

ピックアップ記事

woman young beautifu

顔に出来たニキビの場所でわかる体の不調

顔にニキビが出来ると 「顎にニキビが出来ると告白される」、 「おでこにニキビが出来ると振られる」 なんてジンクスありましたよね。 そ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る