【ニキビケアCW】No36_美容クリニックと皮膚科の治療の違い


美容クリニックと皮膚科の治療の違い

同じ病院系のイメージのある美容クリニックと皮膚科の治療の違いは何でしょうか?ニキビや吹き出物など肌の悩みは尽きませんがニキビ跡なども含め美容クリニックと皮膚科の治療の違いについてみていこうと思います。

・ 美容クリニックとは!?

美容クリニックとは、皮膚科などとは違い一部保険が適用される場合もありますが基本的に保険が適用されない美容のクリニックということになります。エステ以上皮膚科未満という感じでしょうか。
加齢によるシミやシワ、たるみなどをレーザー照射などで若返り治療をしたり、ヒアルロン酸やボトックス、プラセンタなどの注入などで美容に特化した治療が多いのも特徴だと思います。

・ 皮膚科の治療の種類

皮膚科の治療方法には幾つかの種類があります。ニキビやニキビ跡などもそうですが、炎症を起こしているものを鎮める抗生物質を使った治療方法や毛穴の詰まりを解消するレチノイド処方、毛穴の皮脂や汚れを吸い取って皮膚を柔らかくする硫黄薬などの保険が適用されるものがあります。塗り薬や飲み薬の処方でも治療することになります。

・ 美容クリニックと皮膚科の治療の違い

美容クリニックと皮膚科の治療の違いは、美容クリニックが美容系の治療を行うことに対し皮膚科は皮膚全般の病気などを治療するという点が挙げられます。ピーリングや光治療などを行う美容クリニックに対し皮膚科は抗生物質などを使い保険を適用出来る皮膚の治療を行います。ただ、皮膚科の方は美容クリニックのような治療も保険は適用されませんが、ピーリングや光治療なども可能なので明確に違いがあるとは言い切れず、両方の治療方法がある皮膚科と美容系の治療をする美容クリニックという構図になると思われます。

まとめ

美容クリニックと皮膚科の治療の違いは、美容に特化しているか医療に特化しているかなどの違いと保険の適用、不適用の違いが挙げられます。ピーリングや健康成分の注入やレーザーでのシワ、シミなどの美容系の治療を行うのが美容クリニックで、皮膚科の治療では皮膚の病気や健康に関わることに対する治療などが中心というところが違いと言えます。


関連記事

ピックアップ記事

Concerned young woman squeezing acne in bathroom

ニキビはどれぐらいで治るの?ニキビ後に

朝起きて鏡を見るとニキビが。昨日はなかったのになぜ・・。 やはり、ニキビがあると憂鬱です。 化粧でも上手く隠せなくてテンションも下が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る