【ニキビケアCW】No38_思春期のニキビの治療


思春期 ニキビ 治療
思春期のニキビの治療

思春期のニキビの治療はニキビ跡やクレーターを、後に大人になって残さないためにも大変重要なものになってきます。ニキビ跡やクレーターになってしまうと皮膚科などでレーザー治療をしても完璧に治すのが難しいものとなってしまう場合があるので、思春期のニキビケアは後の治療にも大きく関わってきます。

・ 思春期ニキビとは!?

思春期ニキビとは、中高生時代や十代などの思春期に出来るニキビで、大人ニキビとは違い、代謝やオイリー肌などから皮脂が毛穴を詰まらせ出来るニキビを言います。思春期の時期は、成長ホルモンが分泌されるので皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されることにより、毛穴が詰まりやすくなります。ニキビの原因とされているアクネ菌が繁殖しやすくなることから思春期ニキビになります。

・ 思春期ニキビにならないようにするには

特に思春期では新陳代謝なども活発ですが皮脂の分泌も盛んなので毛穴を詰まらせてしまったり、洗顔などを怠ることでオイリーな状態で顔の肌にニキビが出来やすい状況ですので、あぶらとり紙などを持ち歩いてマメに拭き取るなど対策が必要になります。クレンジング(洗顔)などもサボらず行うようにして、保湿などのため化粧水などを使用しても良いかもしれません。

・ 思春期ニキビの治療方法いろいろ

思春期ニキビの治療方法にはいろいろありますが、自分で出来るクレンジングなどの予防の他には、ドラッグストアで市販の薬用クリームや薬用ローションなどを購入し、アクネ菌対策や肌を清潔に保つ方法になるかと思います。また、皮膚科や美容皮膚科、エステなどに行き、ピーリングや光治療などでの治療や塗り薬や飲み薬を処方してもらい治す方法などがあります。

まとめ

思春期ニキビでは成長ホルモンの分泌により、皮脂の盛んに分泌されるのでクレンジングなどを怠らずに肌を清潔に保つように心がけましょう。思春期のニキビの治療では皮膚科などに通院することをおすすめしますが、治療方法によっては保険も適用されるので過度の心配は必要なさそうです。


関連記事

ピックアップ記事

Young Woman Enjoying On Beach

夏の間違ったニキビケア 貴方は大丈夫?ポイントをチェック

夏になるとニキビが出来やすい。悪化しやすい。 夏は汗をかくし、紫外線だって強い、夏の紫外線や転記はお肌に悪い季節だからと諦めていません…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る