ニキビケア方法いろいろ


ニキビケア方法
ニキビケア方法いろいろ
ニキビのケア方法には様々なやり方があると思います。ニキビのケアではクレンジングや使う化粧品なども重要になってきますが、日々の生活の中での食事の改善や運動環境などからもニキビが出来やすいかそうでないかが影響してきます。ストレスなどからくるホルモンバランスの乱れなども肌のターンオーバー(再生)の乱れを生むのでニキビケア方法として気をつけたい部分です。

肌のターンオーバーとは、1ヶ月周期毎くらいに皮脂が新しい肌として再生される代謝のようなもので、加齢やストレスなどで乱れたり遅れたりする可能性のあるものです。また、最近化粧水などでも増えている弱酸性のものなどは肌の状態は酸性に近いほど良いので、ストレスなどでアルカリ性に偏ってしまった肌の状態を酸性に戻すために使われていると考えられます。phといって肌の状態を酸性からアルカリ性まで0~14の数値で表したものがあり、ストレスなどでどの状態に肌があるか指針として表します。クエン酸などの成分も肌を酸性に戻す役割があるとして有名です。

こういう数値として表現されるくらい肌が酸性かアルカリ性かなども重要なので、ストレス軽減と運動や食生活の偏りなどがニキビケア方法に影響を及ぼします。食生活の偏りでは、コレステロールやアルコールの摂り過ぎはもちろん果物を摂るように心がけ、ビタミンを摂取すると美肌効果も生み出しますし、腸内環境の影響から便秘解消などにも効果があります。

ニキビのケア方法としてクレンジングと保湿があり、クレンジングでは肌を強くこすり過ぎないよう優しく泡などでマッサージするように洗顔すると良いと思われます。保湿ではアクネ菌殺菌効果のある薬用ローションなどでも良いですが、乾燥肌に気をつけながら保湿クリームなど市販のものでも良いですし、皮膚科などで診察してもらい塗り薬をつけるようにしても良いかもしれません。

ニキビのケア方法ではどちらかということはなく、身体の外面からのスキンケアと内面からの日常生活の見直しが重要になりますので、どちらも行うようにして下さい。


関連記事

ピックアップ記事

yoga++life+balance

ニキビのホルモン治療方法とは 女性ホルモンの増加を促進させる治療法

ニキビ ホルモン治療 ニキビのホルモン治療方法!? ニキビにホルモン治療は効果があるのでしょうか!? ホルモンバランスは身体の中で…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る