白ニキビ白い内にやってはいけない事


気が付くと「ポツッ」と出来ているニキビ。
最初の段階で痛みもないし、気がついたらって場合が多いです。
痛みもないので放っておく方が多いと思います。

この最初の段階のニキビを白ニキビと言います。
悪化すれば炎症を起こして赤ニキビに発展します。
赤ニキビになると痛みも伴うので早めに治してしまいたいですね。

ニキビが白い内にやってはいけない事があります。

ニキビが出来たら洗顔をまめにする方が多いです。
清潔にしないと!と思って洗顔の回数を多くしてしまいがちですが間違いです。

まず、ニキビが白く見える、この状態は毛穴に皮脂や汚れが詰まりニキビになったものです。
洗顔で取れるものではありません。
それに洗顔の回数を増やす事で乾燥しさらに皮脂の分泌が活発になります。
皮脂の分泌が活発になれば毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

 

洗顔回数は増やさずに、洗顔後は保湿をしっかりする様にしましょう。

 

白ニキビ以外の時もそうですが手で触らない様にしましょう。
気になるので触ってしまいますよね。
手で触る事で雑菌がついてしまうので炎症を起こしてしまう場合があります。
潰してしまうのもダメです。
中には毛穴の汚れが取れて治りが早い場合もありますが、失敗すれば炎症を起こします。

 

それに化粧も気を付けて下さい。
厚塗りをしてしまうと通気性が悪くなり悪化の原因になります。
メイクを落とす時にもお肌に負担をかけずにメイクを落とすようにして下さいね。

 

ニキビが出来てしまった時には洗顔後の保湿が重要になります。
過剰にする必要はないんです。
化粧水の後に乳液でお肌に蓋をするくらいで大丈夫です。
使用する化粧水や乳液は油分が少ないものを使用して下さい。
過剰な油分は逆にニキビの原因になってしまいます。

毛穴の汚れが気になる方は洗浄力の高い洗顔フォームを使用するよりも固形石鹸などを泡立てネットでキメの細かい泡になるまで泡立てて洗った方が毛穴の汚れがクリアになります。

その時もゴシゴシ洗うのではなくキメの細かい泡をお肌に乗せてパックするような感じで洗います。

直ぐには綺麗になりませんが、毎日続ける事で綺麗なお肌になっていきます。


関連記事

ピックアップ記事

Young Woman Enjoying On Beach

夏の間違ったニキビケア 貴方は大丈夫?ポイントをチェック

夏になるとニキビが出来やすい。悪化しやすい。 夏は汗をかくし、紫外線だって強い、夏の紫外線や転記はお肌に悪い季節だからと諦めていません…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る