乳液でニキビができてしまう?ニキビ肌への乳液の使い方


ニキビは清潔じゃないと出来やすいとか
お肌の皮脂が多いと出来やすいなど一般的には聞きますね。

だからでしょうか?洗顔後に乳液を使用せずに化粧水だけで
済ませてしまう方が多いんです。
ニキビが出来やすい人、出来てしまった人は乳液は必要ないんでしょうか?

実際に乳液を使用したらニキビが出来ちゃった・・・
こんな経験をした方も多いですよね。

乳液の役割は洗顔後のお肌に水分を閉じ込める役割をしています。
洗顔後の潤いがなくなったお肌に化粧水で潤いを浸透。
乳液が化粧水を逃がさない様に蓋をします。

潤いを閉じ込める位ならニキビがあっても使用しても平気です。
ですが、乳液を使用する事でニキビが悪化する事もあるんです。

それは、お肌に油分が多いことで角栓が詰まって出来たニキビです。
乳液を使う事で油分を補給してニキビを悪化させてしまっています。
特に、思春期ニキビの方やオイリーの方は注意です。

ニキビに乳液を使用する時にはオイリー用の乳液を使用するなど、油分が少ない乳液を使用する事をお勧めします。

逆に大人ニキビと呼ばれるニキビには乳液が効果的です。
大人ニキビは乾燥が原因の場合が多いからです。
ヒアルロン酸を配合されている化粧水や乳液を使う事で乾燥が改善されてニキビが治る場合があります。

しっかりと保湿をして改善すればニキビが跡になる事も防ぐ事が出来ます

特にニキビが出来やすい人、出来てしまっている人にお勧めしたくない成分もあります。
今まで気にした事がない人は購入の際に少しだけ気にしてください。
化粧品の成分の中で「ミネラルオイル」これは鉱物油の事です。

敏感肌の方が使用したらアウトです。
ニキビが出来てしまった人が使用したら悪化する可能性もあります。

化粧水、乳液を購入する時には自分のお肌にあった商品を選ぶことでニキビのできにくい肌に近づける事が出来ます。

分からない時には専門のスタッフがいるお店で買うとアドバイスも貰えます。
合うか合わないか不安な時にはサンプルがある場合もあるので相談してみると良いですよ。


関連記事

ピックアップ記事

Woman_fruit_face_mask

ニキビの痕を残さない方法は?簡単にできるニキビ対策スキンケア

ニキビ跡を残さない方法 「急にニキビが出来て困る」、「ニキビを化粧品で隠したいけど難しい」など、ニキビの跡を残さず早く消したいと思っている…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る